2019年NHK大河ドラマの主役は中村勘九郎と阿部サダヲ!
geo17040316490032-p1
引用元:http://www.sanspo.com/geino/images/20170403/geo17040316490032-p1.jpg

2019年のNHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』の主演に、歌舞伎俳優・中村勘九郎さんと阿部サダヲさんを起用することが明らかになりました。

前半を勘九郎さん、後半を阿部さんが担当する“リレー形式”となるそうすが、「阿部が大河の主演で大丈夫?」と業界内でウワサされ話題になっているようです。
宮藤官九郎脚本で描くオリンピック3大会の激動の52年間!
2088589_201704040995498001491285608a
引用元:http://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20170404/2088589_201704040995498001491285608a.jpg

この作品は、2013年前期のNHK連続テレビ小説『あまちゃん』を大ヒットさせた宮藤官九郎さんが、初めて大河の脚本を担当するものです!

2020年の東京五輪を控え、1912年「ストックホルム」、1936年「ベルリン」、1964年「東京」の3大会を中心に、激動の52年間を描いたオリジナルストーリーになるようです。

勘九郎はストックホルム大会に日本人として初参加したマラソンランナー・金栗四三役を、阿部は新聞記者をしながらコーチとして日本水泳の礎を築き、東京五輪の招致に成功した田畑政治役を演じる。

中村勘九郎は2度目!阿部サダヲは4度目の大河出演!!
 image883
引用元:http://www.geocities.jp/hidekix1110/image883.jpg
 
勘九郎さんは2004年『新選組!』以来、2度目の大河出演となります。

ダウンロード (2)
引用元:https://storage.mantan-web.jp/images/2017/03/18/20170318dog00m200010000c/001_size6.jpg

一方の阿部さんは1999年『元禄繚乱』、2012年『平清盛』、2017年『おんな城主 直虎』に続き、4度目の大河出演となります。
 
2018年の大河ドラマは暗雲立ち込めている!?
sanadamaru-580x580
引用元:http://writerzlab.com/wp/wp-content/uploads/2015/12/sanadamaru-580x580.jpg

大河ドラマといえば、2016年の『真田丸』は平均視聴率16.6%と大ヒットしました!

E1484407667911_9577_1
引用元:http://s.eximg.jp/exnews/feed/Excite_review/reviewmov/2017/E1484407667911_9577_1.jpg

しかし、今年の『女城主 直虎』は早くも12~13%台に低迷しているようです。

20161102-OHT1I50054-T
引用元:http://www.hochi.co.jp/photo/20161102/20161102-OHT1I50054-T.jpg

そして、2018年の『西郷どん』は、主演が中堅俳優の域を出ない鈴木亮平さんということもあり、早くも暗雲立ち込めているといいます。

決して大物とはいえない中村勘九郎と阿部サダヲの主演で視聴率は度外視か!?

仮に、前評判通り『西郷どん』がコケてしまったら『東京オリムピック噺』にかかる期待はより大きくなるとも言われています。

images (3)
引用元:http://img.eiga.k-img.com/images/buzz/64616/9080fd1bdc5527aa/320.jpg?1491208097

それにも関わらず、決して大物とはいえない勘九郎さんと阿部さんの主演ということで、「視聴率は度外視?」との声もあるようです!

しかし、連続ドラマの主演を務めた経験がない勘九郎さんは“未知数”ともいわれており、心配の種は阿部さんにあるといいます!!

大爆死王の阿部サダヲ!!

300x
引用元:http://img.eiga.k-img.com/images/person/12025/300x.jpg

というのも阿部さんは主演ドラマでまるで数字が取れていないというのです!!

20160105054945
引用元:https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/y/yama51aqua/20160105/20160105054945.jpg

2015年4月から放送されたフジテレビ『心がポキッとね』は平均6.7%!!

同じフジからもう1本。制作スタッフの心を完璧に折ったばかりか、やる気まで奪ってしまったと言われているのが阿部サダヲ(45)主演のドラマ「心がポキッとね」(水曜午後10時~)だ。

初回視聴率10・4%、2回、3回ともなんとか7・5%に踏みとどまったものの…。

「ドラマの構成も無理があるし、リアリティーはゼロ。視聴者をナメているとしか思えないドラマ。阿部の演技もイライラするし、ヒロインの山口智子(50)が完全に過去の人。フジのスタッフも焼きが回ったとしかいいようがない。阿部が1本180万円、山口が200万。完全に赤字。今後、視聴率が上向く可能性は低い。5%を切れば即打ち切りだ」(関係者)

下克上受験
引用元:http://芸能news.top/wp-content/uploads/2016/12/%E4%B8%8B%E5%85%8B%E4%B8%8A%E5%8F%97%E9%A8%93.png

そして、今年の1月から放送されたTBS『下剋上受験』では、ヒロインの深田恭子さんを生かせず、平均8.3%と、いずれも大爆死!!
この結果に、主演の“阿部サダヲ戦犯説”が浮上している。(中略)

一方でネット上には、「阿部は数字を持っていない」といった指摘も出ている。

「これまでの阿部の連続ドラマ主演は『マルモのおきて』と『心がポキッとね』(ともにフジテレビ系)の2作品で、『マルモ』は平均視聴率15.7%、最終回は23.9%の大ヒットを記録しました。しかし『心がポキッとね』は、平均視聴率6.7%の大爆死。同ドラマも初回は10.4%だったものの最終回は5.7%と、『下剋上受験』と同じような視聴率推移となっています」(芸能ライター)

『下剋上受験』の視聴者からは、「阿部サダヲ=芸達者、面白いイメージがあったけど、よくよく考えたら、特に面白かった役が思いつかない」「阿部サダヲは、やっぱり主役には向いていない」といった声が上がっており、「阿部の単独主演では画が持たないのかもしれません。その点、『マルモ』は芦田愛菜がダブル主演として名を連ねていましたし、阿部というより“芦田と鈴木福コンビ”がメインのドラマでした。阿部が、主演ながら脇役に徹したからこそ大ヒットにつながったといえるでしょう」(芸能ライター)。
阿部サダヲは脇役で生きるタイプ!
ダウンロード (9)
引用元:https://i0.wp.com/anincline.com/wp-content/uploads/2015/10/fa4147dadcfb9922cb48f15f1610f4a9.png?fit=400%2C400

どうやら、阿部さんはすっかり“数字を取れない俳優”としてのレッテルを張られてしまったようですね!
 
そして、何といっても阿部さんは脇役で生きるタイプという声が圧倒的に多い中、国民的な大河ドラマの主演は荷が重すぎで、狂気の沙汰ともいわれています!

また、勘九郎さんとのリレーという形でリスクを分散する格好となっていますが、阿部さんは後半なので、前半より視聴率を下げてしまったら、ひとえにバッシングを浴びることとなり、逆に阿部さんにとってはリスクが多いような気もしますね。

現時点で不安要素の多い『いだてんオリムピック噺』ですが、2020年の東京五輪に向け社会現象を巻き起こしてほしいところです!

2019年の大河ドラマに要注目ですね!!!