島田紳助の現在の様子を井上公造が明かす!
images
引用元:https://encrypted-tbn1.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcR95GRrpzMmNZkfbityogL1BYdrqwQO_zj-UnnFtpVU-1kfcA6Y

芸能界を引退した元タレントの島田紳助さん(61)の現在の様子を、芸能リポーターの井上公造氏が4月3日に放送された読売テレビ系『情報ライブ ミヤネ屋』に出演して明かし話題になっているようです
島田紳助の肉体はプロレスラー蝶野正洋よりすごい!?
a482b2640ba00649c7b47ea7d00af8c3
引用元:http://i2.wp.com/aisu01.com/wp-content/uploads/2013/10/a482b2640ba00649c7b47ea7d00af8c3.png

紳助さんは、現在ゴルフや草野球、旅行などを楽しむ日々を送っているようで、自分のことを「自由な旅人です」と表現しているといいます!
現在紳助さんは、自身を「自由な旅人」と称し、
(1)行き先は国内外問わず
(2)思い立ったらすぐ出発
(3)旅の終わりは決めない…
の3カ条を作り、まさに自由気ままな旅を楽しんでいる。


9c667f221b75323c
引用元:http://p.mamastar.jp/l/2017-04/0/9c667f221b75323c.jpg

また、紳助さんは筋トレにも励んでいるそうです!

司会の宮根誠司アナウンサーは「あるところで紳助さんの肉体を見せていただきましたけど、すごいですよ。ちょっとしたレスラーみたいだから」と証言しています。

そして3月4日放送のTOKYO MX『バラいろダンディ』に出演した紳助さんと旧知の仲で知られているプロ野球解説者の板東英二さんも紳助さんの筋トレについてコメントしているようです!


photo9
引用元:http://prowrestling-ch.net/wp/wp-content/uploads/2016/02/photo9.jpg
板東によると紳助さんは現在身体を鍛え上げているそう。
板東はスクワットで対決して完敗し、「アンタ、全然アカンな」と言われてしまったとのことだ。

そんな紳助さんの今の姿について、板東は現役プロレスラーで番組MCの蝶野正洋を指して、「蝶野さんよりすごい身体してます!」と評した。
出演者はこの言葉に驚きの声を上げていた。
ゴルフは70台で回ることも井上氏が明かしたようです。

誕生会では半分ぐらいマイクを持ってしゃべり倒し!!
e369b9b2-s
引用元:http://livedoor.blogimg.jp/hikoshi727/imgs/e/3/e369b9b2-s.jpg

井上氏はまた、2017年3月に開かれた紳助さんの誕生日会に出席した際のエピソードも披露したようです。

紳助さんの友人ばかり約60人が集まっていたといい、半分くらいの時間は紳助さんがマイクを握っていたという。

「(参加者に)芸人さんが1人もいない理由がよく分かります。引退した人の方が面白かったら嫌になると思います。爆笑の連続で、それも全部アドリブです」と、かつて名司会者として名を馳せた話芸が衰えていない様子を語った。

貯金は県予算レベル!?
mig
引用元:https://i1.wp.com/t2-workshop.com/wp-content/uploads/2017/04/mig.jpg?resize=205%2C258

さらには紳助さんの家計についてに言及!

「現在は収入ゼロ。貯金だけで過ごしています」で、貯金だけで生活しているという。

その額について井上氏は「放送には乗っけられない」として宮根アナだけに耳打ち。

宮根アナはその額を聞きて思わず苦笑し、「それはもう貯金というのか、なんというのか。なんやろ、国家予算とまではいかへんけど、どっかの県ぐらい」と、驚きの金額を表現した。

それにたいしてネットでは驚きとやっかみの声が続出したようです!

「100億円超えってことかな」
 
「資産は一度現金化して、チャンス見てまた株を買うのか?」
 
「定期的な収入はないけど、運用利回りがあるんじゃないか」
 
「収入がないのは“自分”だけで、貯蓄を基に会社経営して家族が稼いでいるのでは?」
 
「貯蓄が有るなら『復帰』する必要は無いわな」
芸能界復帰はあるのか?
35a1342b
引用元:http://livedoor.blogimg.jp/mikeneko1014/imgs/3/5/35a1342b.jpg
 
最後に紳助さんの芸能界への復帰に関して、「復帰は絶対にありません。なぜなら仕事をする理由が見つからないからです」「今が本当に幸せだ」と紳助さんが明確に否定したことを明かした井上氏ですが、今回の井上氏の取材に応じたことは、公の場に復帰するため世間の反応を見る観測気球ではないかという見方もあるようです!!

吉本興業は本人が復帰を望んだとしても社長が首を縦に振らないでしょう。

ただ、本心は戻したがっているフシがあります。
タレントとしての度量、司会のうまさ、頭の切れはやはり随一。

未成年者との飲酒淫行で、06年に吉本が契約を解除した山本圭壱を引き合いに出すのもどうかと思いますけど、山本は昨年11月、吉本に復帰しています。
『極楽とんぼ』で山本の相方の加藤浩次が熱心に推したことが復帰を後押しした形。

たとえば明石家さんまが口添えしたりすれば、紳助さんの復帰の道筋は開ける可能性もあると思います 。
制作の現場では、今も紳助さん待望論は強い。

タレントの名前で数字(視聴率)を見込める時代じゃないのは、古舘伊知郎氏の12年ぶりバラエティーで話題を振りまいた『フルタチさん』(フジ系)が低迷中のことからも証明されています。

ただ、そうは言っても新番組のPRでどこも四苦八苦している中、島田紳助の名前は(PRの)打ち上げ花火として、とても大きい。
実力も折り紙付きだし、そりゃあ戻ってきて欲しいのが本音です。
しかし、暴力団との黒い交際という引退理由だっただけに芸能界への復帰はなかなか厳しい状況かもしれませんね。

今後の紳助さんの動向に注目ですね!