ヒロミが「消えそうな人気芸人」1位に斎藤司を選びシャレにならない状況に!?
C6l-KpDVoAAL91f
引用元:https://pbs.twimg.com/media/C6l-Jf0VoAAvw4Y.jpg

3月11日に放送されたフジテレビ『お客様と10人』に出演したヒロミさんが、「消えそうな人気芸人」1位にトレンディエンジェルの斎藤司さんを選んだことで、シャレにならない状況が生まれているといい、話題になっているようです。

理由は「斎藤さんだぞ」の持ちギャグが最近雑だから!?
1280x720-PVk
引用元:http://s2.dmcdn.net/hxD3A/1280x720-PVk.jpg

次いで、カンニング竹山(45)提案の企画、“10人の消えそうランキング”で、ヒロミがこの日、出演したお笑いタレントたちをランクづけすることになった。

その結果は9位が千原ジュニア(42)、8位がハライチの澤部佑(30)、7位がアンジャッシュの渡部健(44)、6位が竹山、5位が劇団ひとり(40)、4位がドランクドラゴンの塚地武雅(45)、3位がオードリーの春日俊彰(38)、2位がビビる大木(42)となり、ヒロミは「2位までは消えると思っていないよ。1位は消えると思うね」と、コメントした。

そして、最も消えそうにない10位に、博多華丸・大吉の博多大吉(46)を選び、ヒロミは「俺は好きな人だから。1番(最初)に、なんか(司会から)聞かれても、10番目に聞かれても、同じだけ笑い取れる」と絶賛。

大吉は「今はさすがに笑い取れないです」と言いながらも、「これはうれしい。ありがとうございます」と、うれしそうな表情を見せていた。

わざわざ「2位までは消えるとは思っていない。1位は消えると思う」と前置きした上で、1位に斎藤さんを指名したというヒロミさん。

fe4309e4
引用元:http://livedoor.blogimg.jp/zozo11/imgs/f/e/fe4309e4.jpg

その理由としては、「斎藤さんだぞ」の持ちギャグが最近雑になってきていることを、挙げたといいます。

そんな中、1位に選んだのは斎藤だった。

これについてヒロミは「“斎藤さんだぞ”っていうのは好きなのね。なんだけど、最近見てるとそれが雑なのね。雑なのか飽きちゃってるのか。斎藤さんが一番、“斎藤さん”に飽きちゃってるんじゃないのか」と分析。

これを聞いた斎藤は、「少しでも脱“ペ!”と、脱“斎藤さんだぞ”というか、ちょっとでも別のことやらなきゃなっていう思いから、一発屋の人はみんな、あるじゃないですか、焦りは。だから脱却したくて」と、今やっているネタから脱却したいという思いから、雑になっているかもしれないと説明していた。
 
 斎藤さんとしては“一発屋”を回避するために、違うことをやらないといけないという焦りがあるようですね。
 
しかし、ヒロミは『ワイルドだろぉ~?』を封印したことで第一線から消えたスギちゃんを例に出し、あえて封印することはないとアドバイスしていました。(テレビ誌ライター)

斎藤司は人一倍プライドが高い!
hqdefault
引用元: https://i.ytimg.com/vi/C0ydNZEykow/hqdefault.jpg
 
ヒロミさんは斎藤さんを「好き」だとフォローした上で話していたため、番組から険悪な空気は伝わってはきませんでした。

しかし、斎藤さんは、ひょうひょうとしたキャラとは裏腹に、実は人一倍プライドが高いために番組と実際とでは違っているといいます!


ヒロミを敵対視して共演NGに!?
c9f379c3
引用元:http://livedoor.blogimg.jp/kyofo309_8j0vupq7twe/imgs/c/9/c9f379c3.jpg

現在の若手お笑い界ではTOP3に入る売れっ子と言われているだけに、斎藤さんだけが『消える』と評されたことに大激怒しているそうです!
 
最初は『つらかった』と殊勝なことを言っていましたが、最近では『許さない』とヒロミを敵対視するようになっているといいます。

一方、ヒロミも、約10年の空白からのテレビ復帰後は、『月収6,000万円』だった全盛期に近づくほど、さまざまな番組で重宝されている。

2人が共演NGとなると、キャスティング関係者は相当頭を悩ますことになると思いますよ。
 
39歳から49歳までの10年間、テレビから干されていたヒロミさん。
現在は活躍していますが、今後消えるという噂もチラホラ聞こえてきます。

この因縁は、どちらかが「消える」まで続くのでしょうか!?

今後の2人の行方に要注目ですね!