『カルテット』の第5話のラストで巻真紀の夫役のキャストが判明!!
1c5d13b426ddf734b8221ba8b42fc84f
引用元:https://i1.wp.com/dorama9.com/wp-content/uploads/2016/12/1c5d13b426ddf734b8221ba8b42fc84f.png?resize=680%2C459

松たか子さん、満島ひかりさん、高橋一生さん、松田龍平さんが出演するTBSドラマ『カルテット』。

2月14日に第5話が放送され、ラストのシーンでこれまで明らかになっていなかった松さん演じる巻真紀の夫役のキャストが判明し、大きな反響を読んでいるようです!!


キャッチフレーズは“全員片思い 全員嘘つき”!
aeaf081085d46cccc99b8573238aa2b4
引用元:http://healcipe.com/wp-content/uploads/2016/12/aeaf081085d46cccc99b8573238aa2b4.png

このドラマは、カルテットを組んだ30代の4人の男女が、冬の軽井沢を舞台に共同生活を送る大人のラブストーリーかつヒューマンサスペンスとなっています!

巻真紀(松)、世吹すずめ(満島)、家森諭高(高橋)、別府司(松田)の4人が都内のカラオケボックスで偶然出会い、週末をメインに軽井沢の別荘で弦楽四重奏団「カルテットドーナツホール」として活動するというストーリーで、「全員片思い 全員嘘つき」というキャッチフレーズの元、少しずつ4人の思惑や素性が明らかとなっていく。

41daeaba7445761649ee00b11f46321f
引用元: http://sierrawebworks.com/wp-content/uploads/2016/12/41daeaba7445761649ee00b11f46321f.png

第一ヴァイオリン奏者。
主婦。

かつてはプロのヴァイオリン奏者を目指していた。
 
声がかなり小さい。
極度の心配性、ネガティブ思考、そして自分に自信が無い。

緊張すると、より不安になるような動画を見てしまう。
しかし、時折お茶目で、誰もが驚くほど大胆になる時がある。

9638f32e3bcdd374c1e8ca235204f861
引用元:http://sierrawebworks.com/wp-content/uploads/2016/12/9638f32e3bcdd374c1e8ca235204f861.png

チェリスト。
無職。
 
人類最大の発明は神でも言葉でも数字でもなく“布団”だと思っている。
トイレでも床でも、どこでも寝てしまう。
二度寝こそが人生最大の幸せ。

すずめにとっては、チェロだけが家族であり友達。
ある日突然、謎の老女がすずめの元を訪ね、一つ頼みごとをし…!?

ba44020d026968e49300ba4e6756533c
引用元:http://sierrawebworks.com/wp-content/uploads/2016/12/ba44020d026968e49300ba4e6756533c.png

ヴィオラ奏者。
 
軽井沢の美容室に勤めているが、資格は持っておらず、30半ば過ぎにしてアシスタント。

相当モテるが、それ以上にモテたいと思っている。
しかし、モテ期は早ければ三時間、遅くて三日で終了する。

それは、妙に理屈っぽくて、めんどくさく、器が小さいから。
何を始めても、前に進めない。
大人になれない。
こだわり満載の一風変わった男である。

042c5bd0299661de401b1aa0c9010485
引用元:http://sierrawebworks.com/wp-content/uploads/2016/12/042c5bd0299661de401b1aa0c9010485.png
第二ヴァイオリン奏者。

「ふくろうドーナツ」の社員だが、実は甘いものが苦手。

人生において一度も怒ったことがないため、自由人に憧れている。
一度でいいから、わがままだと言われたい、破天荒だと思われたい、でも出来ない。
それが出来たら、どんなに幸せだろう。

そんな時、カラオケボックスで出会った3人に、「カルテット(弦楽四重奏)を組もう」と提案。

世界的指揮者である祖父が所有する軽井沢の別荘を共同生活の場として提供する。
 脚本は数々のヒット作を生み出した坂元裕二!
sakamoto01-400x400
引用元:http://geidai-film.jp/wp-content/uploads/2015/10/sakamoto01-400x400.jpg

脚本は数々のヒット作を生み出した坂元裕二さん!


ダウンロード
引用元:http://i.fod.fujitv.co.jp/pc/image/ep/4191/wbhjfr_4191_cxbg_001_wm.jpg

古くはフジテレビ月9の大ヒットドラマ『東京ラブストーリー』!

近年では日本テレビ『Mother』やフジテレビ『最高の離婚』、日本テレビ『Woman』など、どれも話題になったドラマばかり!

20170206-00000332-oric-000-2-view
引用元:https://amd.c.yimg.jp/im_siggXboBns20fIkDkzMg2q1yUg---x400-y268-q90/amd/20170206-00000332-oric-000-2-view.jpg

天才脚本家が「面白い台詞」というハードルを軽々と飛び越え、「いかにカルテットという虚構の世界を美しく、完璧なものに仕上げるか」まで思考が及んでいるのがわかるだろう。
 
個性的なキャストが出演!

メインの4人以外にも個性的なキャストが出演しています!

C0wpbY9UUAALQE0
引用元:https://pbs.twimg.com/media/C0wpbY9UUAALQE0.jpg

ライブレストラン「ノクターン」関係ではアルバイト店員役に吉岡里帆さん、シェフ役でサンドウィッチマンの富澤たけしさん、責任者でホール担当で富澤さん演じる大二郎の妻役に八木亜希子さんが出演。

C4Egua8UcAA07VU
引用元:https://pbs.twimg.com/media/C4Egua8UcAA07VU.jpg

また、高橋さん演じる家森諭高を追う謎の男の役でヒップホップグループRHYMESTERのMummy-Dさんと俳優の藤原季節さんが出演しています。

images
引用元:https://encrypted-tbn1.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTjzsiHI-Wf5tq5KAsU_OPkLGmyrJHVhHE52bkgWHXWWmO6BijR

そして、真紀に息子を殺されたと思っていて満島さん演じる世吹すずめに“真紀の本性を探って欲しい”と依頼する巻真紀の義母役にベテラン女優のもたいまさこさんが出演するなど、ベテラン俳優から若手俳優、芸人、ミュージシャン、アナウンサーまで幅広いラインナップのキャストが揃いました。 

夫役のキャストが判明するシーンとは!?
ダウンロード (2)
引用元:http://newsimg.music-book.jp/news_images/images/1128386/large.jpg?1484539131

第一ヴァイオリン奏者の真紀の夫は1年前に失踪、真紀の義母・巻鏡子(もたいまさこ)は真紀の殺人を疑い、チェリストのすずめは真紀を監視するためにカルテットに加わったが、すずめは真紀と関係を深めていったことで監視をやめていた。

20170208005832
引用元:https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/s/sayanokuni/20170208/20170208005832.jpg

第5話では、すずめの代わりに、ライブレストランの従業員・有朱(吉岡里帆)がスパイを引き継ぎ、真紀を追及し修羅場に。

すずめが過去に監視していたことも真紀にバレてしまい、すずめは家を飛び出す。

C4oVqUkVUAEReZ9
引用元:http://pbs.twimg.com/media/C4oVqUkVUAEReZ9.jpg

そんなすずめが偶然街でぶつかったの謎の男性は、カルテットドーナツホールのチラシを落とし、バッグはビニール袋、手には包帯、スニーカーはペンキだらけの小汚い風貌で、怪我を心配するすずめに「犬に噛まれた…ラブラドール」と小さな声で呟く。


C4oVqUmUMAQw3H7
引用元:http://pbs.twimg.com/media/C4oVqUmUMAQw3H7.jpg

そして同時に真紀が別府と家森に夫との2ショット写真を見せるシーンが映り、男性が真紀の夫・幹夫であることが判明した。

“夫さん”役は宮藤官九郎だった!
 qCud94SFnQHfvqHV
引用元:http://pbs.twimg.com/ext_tw_video_thumb/831501931185008641/pu/img/qCud94SFnQHfvqHV.jpg

真紀の夫役はなんと宮藤官九郎さんでした!!!

これには、真紀夫殺害説が濃厚な中、夫が生きていたことに加えて夫役が宮藤さんだたことに視聴者からは、「まさかのクドカン!」「びっくりすぎる!!!」「生きてたーーーーーーー」と反響が殺到したといいます!!

これまで、幹夫は真紀を女として愛せなくなったことや、同回では母からも逃げた過去があるなど、逃走癖があることなどが明らかになっており、宮藤の持つ独特の雰囲気が幹夫の頼りない役どころにしっくりくるキャスティングに「これは納得!キャスティング天才」「クドカンなら頷ける~~~!!!」「これまでの夫さんエピソード、クドカンだと思うと全部腑に落ちた」といった声が続出している。



第6話から第2章がスタート!
20170214233731
引用元:https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/s/sayanokuni/20170214/20170214233731.jpg

2月21日の放送の第6からいよいよ第2章がスタートします!
ひょんなことから、すずめ(満島ひかり)は幹生(宮藤官九郎)という男性と知り合う。

実は幹生は真紀(松たか子)の失踪した夫なのだが、幹生はなぜか諭高(高橋一生)の先輩だと身分を偽る。

ある思いから幹生を別荘に招いたすずめは、幹生の靴に防犯用のカラーボールの痕がついていることに気付き…。

一方、真紀は、軽井沢で鏡子(もたいまさこ)と再会する。
「幹生を殺したのか」と問い詰められた真紀は、ゆっくりと夫婦の過去を告白して──。
第2章では、幹夫が失踪した理由も明らかとなるようで、ますます予想がつかない展開から目が離せそうにありませんね!

『カルテット』の行方に注目です!