木村拓哉&工藤静香の車が波紋を呼んでいる!
MAIN201510141430000285300865496
引用元:http://japan.people.com.cn/NMediaFile/2015/1014/MAIN201510141430000285300865496.jpg

jprime

引用元:http://news.c.yimg.jp/images/media_module/jprime.jpg?1486380023

木村拓哉さんと工藤静香さん夫妻が都内のインターナショナルスクールに通う娘を車で迎えにいくシーンを「週刊女性」2月21日号が報じていますが、記事とは関係のないところで波紋を呼んでいるようです!
木村が左ハンドルの車を運転し、工藤が助手席に座っている写真が公開されているのだが、これに思わぬブーイングが上がった。 
ルームミラーに田舎のヤンキーでもつけないようなアクセサリー!

Jprime_9064_fc01_1
引用元:http://s.eximg.jp/exnews/feed/Jprime/Jprime_9064_fc01_1.jpg

波紋を呼んでいるというのが、車のルームミラー!

このルームミラーにジャラジャラとぶら下がったネックレスのようなアクセサリーに、『田舎のヤンキーでもこんなの下げない』『これ流行ったの何年前だと思っているの』との声が飛び交っているようです!!


流行したのは約20年前!
0e5d6918
引用元:http://livedoor.blogimg.jp/satsho/imgs/0/e/0e5d6918.jpg

車内をチンチラ張りにしたり、LEDの発光物体をやたらとつけるのがヤンキー車のインテリアの特徴といわれています。

p1
引用元:http://cdn.mkimg.carview.co.jp/minkara/parts/000/005/467/226/5467226/p1.jpg?ct=bc3e8ceac5c3

また、ルームミラーにシュシュやストーンアクセをぶら下げるのも“ヤンキー仕様”のひとつとされていますが、流行したのは1990年代後半から2000年代初頭にかけてのこと!

すでに20年前の流行のようで、いまや都内で見かけることはまずないといいます。

今となっては田舎でもあまり見ませんよ。

窓の部分しか写っていないので断定はできませんが、車は木村のものだと思われます。

ただ、アクセのセンスは工藤によるものではないでしょうか。
『古くて田舎臭い』のはいかにも彼女らしいですね。(女性誌記者)

気になる車種はトヨタのセコイア!
wildstyles_kimutaku2723
引用元:http://wild-styles.com/wp-content/uploads/2014/07/wildstyles_kimutaku2723.jpg

強烈な車内インテリアのキムタクご夫妻ですが、車種はトヨタのセコイアだと言われています。
セコイア(Sequoia)とは北米トヨタ(en:Toyota Motor Sales, U.S.A., Inc.)が製造するフルサイズSUVである。

尚、トヨタで製造されるSUVとしてはランドクルーザー100 / 200を抜いて最大のボディサイズを誇るが、ライトデューティーな構成(高耐久な本格的オフロードカーではない)ゆえ、車両重量はそれらよりも軽い。

3f2f3639-s
引用元:http://livedoor.blogimg.jp/booq/imgs/3/f/3f2f3639-s.jpg

2014年に放送されたフジテレビ『武器はテレビ。SMAP×FNS 27時間テレビ』で木村さんは愛車を公開しています。

今回の「週刊女性」の車もそのときと同じものだと思われますね。

ただ、2014年時点ではアクセサリーがドリームキャッチャーのみだったので、その後に工藤さんに追加されてしまったのでしょうか!?

それにしても、車のことでまで叩かれる木村さん夫妻!!

ネット上では「個人的な趣味をやいやい言ったるな」や「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い
まさにこれだな」との声もあり、木村さん夫妻が世間から相当嫌われているのがまた顕著になってしまったようですね。

木村夫妻がイメージアップできることはなさそうですが、とりあえず今後のお2人の動向にも注目ですね!