テレビ朝日が4月からシニア向け昼ドラマ枠を復活!
ダウンロード
引用元:http://newsimg.music-book.jp/news_images/images/1090125/large.jpg?1467206027

テレビ朝日が4月から、俳優の石坂浩二さん・脚本家の倉本聰さんと組んで昼ドラマ枠を復活させます!

放送は情報番組『ワイド!スクランブル』の第2部を20分削って『徹子の部屋』に続く、平日午後0時30からとなります。

同ドラマは、テレビ朝日が新設する帯ドラマ枠の第1弾。

倉本氏は、夜のゴールデンタイムに若者向けのドラマが数多く放送され、大人の観るドラマが少ないという現状に対し、ゴールデンタイム以外の放送枠で毎日放送する、大人のためのシルバータイムドラマを企画。

その提案を受けて、テレビ朝日が“帯ドラマ劇場”を設けることになった。 

ドラマの制作関係者は、これに注目しているようです!
 
「次々と地上波からドラマ枠が撤廃される中で、希望が大きいです。ここが成功すれば、その後もドラマ枠が定着するのですからね」とベテラン脚本家。 
豪華キャストが揃い踏みのドラマ『やすらぎの郷』!!
02
引用元:http://www.tv-asahi.co.jp/yasuraginosato/pre/img/02.jpg
 
ドラマのタイトルは『やすらぎの郷』。

主演の石坂浩二をはじめ、浅丘ルリ子、有馬稲子、加賀まりこ、五月みどり、野際陽子、藤竜也、ミッキー・カーチス、八千草薫、山本圭(※五十音順)ら名優たちの出演はすでに発表していますが、そんなベテラン勢に混じって草刈民代、常盤貴子、名高達男、風吹ジュン、松岡茉優(※五十音順)らが参加することが決まりました!

かなり豪華なキャストが揃ったようですね!

舞台となるのは、テレビの全盛期を支えた俳優、作家、ミュージシャン、アーティストなど“テレビ人”だけが入居できる老人ホーム『やすらぎの郷 La Strada(ラ・ストラーダ。イタリア語で“道”の意)』。

かつて一世を風靡したシナリオライター・菊村栄(石坂)を中心に、このホームに入居した往年の大スターたちが直面するさまざまな問題をユーモラスに描いていく。 
 
主婦対象ではなくシニア向けで勝負!
mmjiji_mega_0016909345
引用元:http://trendoffire.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_f29/trendoffire/mmjiji_mega_0016909345.jpg

o0480027012967722100
引用元:http://stat.ameba.jp/user_images/20140609/13/you2tomo/f2/b2/j/o0480027012967722100.jpg?caw=800

tbs_hiruobi_main
引用元:http://dogatch.jp/kanren_news/tbs/201204/tbs_hiruobi_main.JPG

このドラマが放送される時間帯といえば、フジテレビ『バイキング』や日本テレビ『ヒルナンデス!』、TBS『ひるおび!』など各局が情報番組を生放送する激戦区となっています!

しかし、これらの番組はあくまで主婦対象となっていますが、趣向を変えてテレビ朝日はシニア向けのオリジナル作品で勝負する意気込みのようです!!
 
業界人は、力の注がれた枠にはなんとしても割り込みたいと思うので、おそらくは今後、このドラマの後枠を狙う企画オファーがこぞって持ち込まれるのでは。(ベテラン脚本家。)

放送時間を減らされる 『ワイド!スクランブル』!!
tbs_hiruobi_main
引用元:http://www.tv-asahi.co.jp/scramble/sphone/ipg_image/main_cut.jpg

このドラマによって時間が短縮される『ワイド!スクランブル』が影響を受けているといいます!
20年続く番組なので、ここを大きく変えようと言いだす人はいない。
いわば“聖域”化してますが、もしドラマが大成功すれば、状況は変わると思います。

キャスターの橋本大二郎さんは、テレビ朝日のトップと親しい関係から起用された方ですが、こういう“お友達人事”には反発もある。
テコ入れでの人事交代もないとは言えないでしょう。(放送作家)
橋本大二郎の司会は賛否両論!
ダウンロード (1)
引用元:http://new22nozawa.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2015/04/09/000071.jpg

しかし、元NHKキャスターで前高知県知事である橋本さんが起用されたのも、定年後の男性視聴者に向けたシニア向け人選だったといわれています。

d7fe8_211_18cb306d4f29e4f70f2eda67648b4f83
引用元:http://image.news.livedoor.com/newsimage/d/7/d7fe8_211_18cb306d4f29e4f70f2eda67648b4f83.jpg

前任は寺崎貴司アナウンサーでしたが、それより16歳も年上とあって、より重みのある番組作りにシフトされましたが、その司会は賛否両論だといいます!

C2WIhkEUAAEy1OJ
引用元:https://pbs.twimg.com/media/C2WIhkEUAAEy1OJ.jpg
1月17日の放送では、猪瀬直樹元東京都知事と豊洲市場の問題を厳しく追及、「環境の専門家が言ってること以上のことは誰も言えなかった」とした猪瀬元知事に「一流の専門家が想定できないことが起きる場所だ」と食ってかかった。

猪瀬元知事は自身が専門家でないながらも淡々と説明はしていたが、その説明を遮って「不安が拭えない都民は多い」とやり合った。

これには視聴者の間で賛否が分かれ、「元知事に鋭く突っ込んだ」という肯定的な意見と、「猪瀬元知事の説明を理解しようとせず意地悪に糾弾しているだけ」という否定的な意見が見られた。
 
しかし、この放送のみならず、橋本さんに対してはMCなのに相手の話を最後まで聞かず反論するところが不快だという声が以前からも多いようですね。

ゲストと同じ立場の論客になってやり合うところは、司会者としてどうなのかという声はあります。

MCが冷静さを欠いてしまうのはシニア層にあまり受けがよくないかもしれない。(放送作家)
 
main
引用元:http://www.tv-asahi.co.jp/yasuraginosato/pre/img/main.jpg

現時点で『ワイド!スクランブル』の改編や司会者の交代という予定はないそうですが、今回の昼ドラ枠復活は、業界内でもいろいろな意味で話題になっているようです!

ドラマスタート後はどうなるのかに注目ですね!