鈴木おさむプロデュースの料理店が落書き被害!

01
引用元:http://i.yimg.jp/images/gyao/trend/syst/2015/022603/01.jpg

森三中の大島美幸さんの夫としても知られる放送作家の鈴木おさむさん。

2017年2月4日、ブログを更新し、鈴木さんがプロデュースする料理店『ちゃんこ屋鈴木ちゃん』の店舗が落書き被害に遭ったことを明かしました。 
白鵬関の絵が目印の『ちゃんこ屋鈴木ちゃん』!
W4XPB
引用元:http://p.twpl.jp/show/large/W4XPB

中目黒・山の手通り近くに2012年9月にオープンした『ちゃんこ屋 鈴木ちゃん』。

200x200_square_17685395
引用元:https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/17685/200x200_square_17685395.jpg

外観の壁面には横綱白鵬関の絵が描かれていて、店名を書いたのぼりをディスプレー。

また、店内には、白鵬関の化粧まわしやトロフィー、優勝額のレプリカ、番付、行司の最高位・立行司の木村庄之助さん(34代、36代)が記した相撲字(通称・根岸流)の書などを展示されています。


37784194
引用元:https://tabelog.ssl.k-img.com/resize/660x370c/restaurant/images/Rvw/37784/37784194.jpg?token=ef15271&api=v2

同店では、北海道滝川市の観光大使である白鵬関が田植えに参加したことから命名された「横綱白鵬米」や、豊ノ島関の実家「梶原食品」(高知県宿毛市)の「勝越し豆腐」、福岡・博多の銘柄鶏「華味鳥」など、こだわりの食材を使う。

ちゃんこ鍋は現在2種を用意。宮城野部屋に30年以上前から伝わるレシピを基にした塩味の「宮城野部屋直伝 横綱ちゃんこ鍋」(2,480円)は、華味鳥の肉団子、油揚げなどが入っている。

みそベースでキムチ風味の「宮城野部屋直伝 横綱海鮮ちゃんこ鍋」(2,980円、いずれも注文は2人前から)は、エビやホタテなどの海鮮類が入っている。

両方にネギやエノキ、シイタケ、豆腐などを入れるほか、追加で豚肉、鶏肉(500円)、白菜やほうれん草などの野菜セット(横綱ちゃんこ鍋向け、650円)、エビやソーセージなどの「海鮮追加セット」(950円)などを用意する。 

そのほか、「鈴木ちゃん自慢!華味鳥の押し出し空揚げ」(700円)、「宮城野部屋直伝!力士みそキュウリ」(450円)、「豊ノ島実家直伝!勝越し冷やっこ」(550円)などの一品料理、つまみなども用意。
ドリンクは、ビール(580円~)、焼酎(600円~)、ワイン(グラス650円)、梅酒(600円~)などをそろえる。

客単価は5,500円前後。

宮城野部屋の元力士が大将!
1350302550_photo
引用元:http://images.keizai.biz/shibukei/headline/1350302550_photo.jpg

大将は、宮城野部屋で「ちゃんこ番」をしていた経験を持つ元力士の鈴木昌平さん。

2011年2月に芸人の自宅で開かれた鍋会で鍋を作っていた鈴木さんと出席しておさむさんの会話がきっかけでお店が誕生したといいます。

鈴木昌平さんは「いつかは自身の店を」と考えていたものの、「きっかけがない」などから出店できずにいた。

鍋会当日、鈴木昌平さんの鍋を口にした鈴木おさむさんから「やる気があるならバックアップする」という声を掛けられたことから同店出店が決まった。
 
オープン後は、男女ともに20代半ば~40代半ばを中心に来店。

力士たちも足を運んでいるほか、当初想定していた以上に女性客が多くという。

鈴木昌平さんは「相撲に興味のない方にも気軽に来店いただき、ちゃんこを通じて相撲のことを知ってもらえたら。グッズを見て楽しんでいただいてもいいし、(BGMには)ちゃんこらしからぬジャズを流したりしているので、雰囲気を楽しんでいただいてもいい。笑顔で帰っていただければ」と話す。

「相撲の裏話とかもできるので気軽に話しかけていただければ」とも。

スプレーで大きく落書き!!
osamu-thumbnail2
引用元:http://seniorbusiness.up.seesaa.net/image/osamu-thumbnail2.jpg

店がオープンして4年半ほどたち、経営は順調だったようですが、何者かに落書きされてしまったようです!

店の壁に落書きされた写真をアップし「僕が中目黒でやっている『ちゃんこ屋鈴木ちゃん』なんですが、写真ご覧ください!スプレーで壁に文字。おしゃれで書いたもんじゃないですよ!昨日の夜中に、何者かに落書きされたんですよ!こんなでかく!人通りもまあまああるとこなんで酔ってやったのか知りませんがやりやがったな!と。」と落書き被害を訴えた。

犯人は若者か!?
w700_cb33584033ac2b33889c85620196eafeefa0a02a325e04cf
引用元:https://mdpr.jp/photo/images/2016/11/06/w700_cb33584033ac2b33889c85620196eafeefa0a02a325e04cf.jpg

警察署には被害届けを出したという鈴木さん。

「今日、警察に被害届けを出しまして、なんとかやったやつを捕まってほしいと思ってるんですが!なんで、こういうことするんでしょうね!まさか自分の店がやられると思ってなかったので!」と被害届を出して対応していることを報告している。

img_0
引用元:http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-33-30/yjmcd962/folder/807640/18/27955018/img_0

落書きされた字を見ると、よくガードしたなどで見られる若者が書くアート文字といわれるものに似ているので、若い人が犯人と推測できますね。

どういった落書きにせよ、落書きはとても悪質なので早く犯人が捕まるといいですね。