20130629_ishinomako_13
引用元:http://www.officiallyjd.com/wp-content/uploads/2013/06/20130629_ishinomako_13.jpg

本名     綾部 祐二
ニックネーム  べーやん、ごめペコ
生年月日   1977年12月13日(38歳)
出身地    茨城県古河市
血液型    O型
身長     167cm

吉本総合芸能学院(NSC)東京校入学前には、地元の椅子工場「東洋工芸茨城工場」に勤務していた。

また、20歳の頃から5年間ほどカラオケボックス シダックスの地元店舗に準社員に近い扱いで勤務していたことがある。

他に原宿のビッグエコー(第一興商が事業展開するカラオケボックス)での勤務経験もある。

そうした経歴から芸人になった時期が少し遅かったため、同い年や年下の先輩が多い(ライセンス、インパルス、麒麟、ロバート、森三中、千鳥など)。
ニューヨークで武者修行を発表したピース・綾部祐二
AS20161009000468_commL
引用元:http://www.asahicom.jp/and_M/interest/entertainment/images/AS20161009000468_commL.jpg

10月8日に
緊急会見を開き、来年4月から活動の拠点を米ニューヨークに移し
俳優修業をすることを発表したピースの綾部祐二さん。

「2015年の正月に初めてニューヨークに行って、
なんか(自分を)呼んでいる気がする、ニューヨークがずっと」と、
渡米へのきっかけを明かした。

また、昨年、俳優のトム・クルーズが来日した際に、
5メートルくらい後ろを歩いたという綾部は、
「一瞬だけど、自分の方をみて眉をくっと上げて、
『お前、そっちのほうでいいのかよ、こっち来いよ、横に来いよ』
って言われた気がしまして。僕の中で」と話す。
 
年収は4000万円を捨ててまでの無謀な挑戦なのか!?
20161012-00000525-sanspo-000-3-view
引用元:http://amd.c.yimg.jp/im_siggFaB0AGpJAbXIpmGcN48rQA---x376-y400-q90/amd/20161012-00000525-sanspo-000-3-view.jpg

会見では、最終目標は「ハリウッドスターとしてレッドカーペットを歩くこと。
ビッグになりたい」だそうで、「売りは日本でコメディアンを16年間やってきたこと。
この挑戦はボケではなく、真剣です!」と力強く語ったそうですが、

何本ものレギュラー番組やCMを持っていて、年収4000万円の安泰な生活を捨て、
異国の地で挑戦するのは無謀だという声も多数あります!


ハリウッドやブロードウェイを目指す人たちは演技も達者で、それこそ世界中から集まってきます。

そして何より、彼らは夢を叶えたいという思いが強い。
アメリカで成功し、母国で貧困や差別、暴力で苦しむ家族を呼び寄せたいと思う者もいます。

日本である程度成功し、金銭的にも余裕がある綾部さんが、死にもの狂いで、アメリカンドリームを目指す彼らを蹴落としていけるのか。
今のところは疑問です
先人・神田瀧夢(ろむ)はアメリカで成功した1人!!

皆さん、綾部さんがしくじること前提ですね(笑)

しかし、日本人でニューヨークで成功している人物がいるそうで、
その人を手本とすれば綾部さんもうまくいくかもしれません!

id717-4
引用元:http://www.jvtacademy.com/img/news/id717-4.jpg
その人物とは
神田瀧夢(ろむ)さん!

97952
引用元:https://www.agentmail.jp/image/u/0000/00037/2016/08/97952.jpeg

ニューヨークコメディ大会での優勝を足がかりに、

アメリカ三大ネットワークのABCのゴールデンタイムの
番組司会を日本人で初めて務めた方です

 
神田瀧夢は、北野武監督のデビュー作『その男、凶暴につき』をはじめ、
北野映画数本に端役ながら出演。

その後、ハリウッド俳優を目指し、ニューヨークでオーディションを受けまくりますが、
ほとんど受からずに数年間下積み生活を送りました。

その後、コメディクラブに立つようになり、その頃から徐々に
ハリウッド映画にも端役ではあるものの出演。

そして、ABCのゴールデンタイムの司会者に抜擢され、成功を手にしました。
アメリカでは、最も有名な日本人とも言われています。 

綾部さんの成功の鍵は神田さんのように自分でオーディションを探し
いかに売り込むことができるかのようです!

日本では何でも所属事務所がやってくれるぬるま湯体質なところがあるので、
アメリカでのやり方に慣れることが売れる条件ですね。
笑いや演技の質の向上と並行して、自分自身を
“プロモート”する力がなければ、アメリカではやっていけないようだ。

吉田栄作は渡米失敗するも謙虚になってある意味成功!?

アメリカで成功はしていませんが、ある意味役に立った!?
という例もあります!


20121028_hamasakiayumi_21
引用元:http://www.officiallyjd.com/wp-content/uploads/2012/10/20121028_hamasakiayumi_21.jpg

それは、俳優の吉田栄作さんです!

1988年のデビュー以来、数々のトレンディードラマに出演、
NHK紅白歌合戦にも2年連続で出場するなど
人気絶頂の
1995
年に突然の休業宣言!

役者修業と称して渡米しています。

当時の心境として、 

「武器も技術もないのに、違う自分がひとり歩きしているイメージが嫌だった」と振り返り「体も休めて、(ショービズに関する)勉強もできて、挑戦もできるのがここだった」と滞在地をロサンゼルスに決めたことを説明した。

と2年前に番組で赤ていますが、実際はとくに名が売れることもなく3年ほどで帰国・・・・。

しかし語学力が身に付いた上に役者としての考え方も変わったそうです。
渡米前の彼は売れっ子のトレンディ俳優と持てはやされたこともあり、
何かと“上から目線”で天狗になっていた。しかし、向こうで苦労したのか、
渡米後は態度を改め、役者としてのキャリアも着実に積み上げてきている。
2019880_201409080510948001410174505c
引用元:http://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20140908/2019880_201409080510948001410174505c.jpg

確かに最近の吉田さんは、役者としていい味出してますよね!

綾部さんも例えしくじり先生になったとしても、
吉田さんのように何かを悟って帰ってくれば、
それはそれである意味成功かもしれないですね!!


芥川賞を受賞した相方・又吉直樹!
格差コンビと言われ渡米を決意!?
ピース
引用元:http://geinou2.com/wp-content/uploads/2015/10/%E3%83%94%E3%83%BC%E3%82%B9.jpg

お笑いコンビ「ピース」は、相方の又吉直樹さんの小説『火花』が
芥川賞を受賞したことで格差コンビとも言われています。

でも実は先に人気が出たのは綾部さんでした!


et-hasei140506-fujita1-ns-big
引用元:http://cache2.nipc.jp/entertainment/news/img/et-hasei140506-fujita1-ns-big.jpg

『よしもと男前ランキング』では2012年から3連覇を達成し殿堂入り。一方、熟女好きを公言し、藤田紀子(69才)との熱愛が報じられるなど話題性抜群だった。

一方、又吉さんは独特のキャラクターで、人づきあいもうまいほうじゃない。注目されるのは“根暗”とか“マイナス思考”といったネガティブな面ばかり。読書家というのも、初めのうちはあまりいいイメージには捉えられていませんでした。

news_header_matayosi1
引用元:http://natalie.mu/media/owarai/2015-03/extra/news_header_matayosi1.jpg

しかし3月に発売された又吉さんの小説『火花』が
累計発行部数200万部を超える大ヒット!
芥川賞まで受賞し又吉さんに世間の注目が集まります!

「又吉さんの立場が上がったことで、綾部さんも態度を改めるしかなかったのかも。
だからか、2人の関係も修復されたように見えました。楽屋でも話すようになって。

でも、立場が一気に逆転したことで、別のギクシャクが生じてしまったんでしょう。
最近は、又吉さんは芸人ではなく、“知識人”という扱いですからね。

求められるコメントもまじめなものが多い。
かたや一芸人、かたや大作家で知識人。

このまま続けていってもこの差は埋められません」

そんな綾部さんが決意したのが渡米だったのかもしれませんが、
果たしてこの挑戦がどうなるのか!?

しばらくは綾部さんから目が離せませんね!!