GjOFackD
引用元:https://pbs.twimg.com/profile_images/634580665158098944/GjOFackD.jpg

本名    濱﨑 歩
別名   浜崎くるみ(旧芸名)
      浜﨑あゆみ(旧芸名)
      ayumi hamasaki
      ayu(あゆ)
      CREA
生年月日  1978年10月2日(38歳)
出身地   福岡県福岡市早良区

モデルや女優としての活動を経て事務所を移籍、1998年4月8日に1stシングル「poker face」でソロ歌手としてデビュー。

歌手デビュー後の楽曲については、オリジナル曲は全て自身で作詞し、「CREA」名義でいくつか作曲も手がけている。

楽曲のみならず衣装、ミュージックビデオ、雑誌グラビア、CDジャケットのレイアウトやライブ演出といったビジュアルアートに至るまで、本人による徹底した非常に厳しいチェックを行っている。

1999年1月発売のデビューアルバム『A Song for ××』が約150万枚を売り上げて歌手としてブレイクを果たすと女子中高生を中心に彼女のファッションやメイクを真似する若者たちが増え、マスコミなどから「女子高生のカリスマ」と呼ばれるようになった。
お騒がせ歌姫の浜崎あゆみ!
今年9月には離婚を発表!

eeef165411d0b6121cc107fea8010ebe
引用元:http://jonny.tokyo/wp-content/uploads/2016/09/eeef165411d0b6121cc107fea8010ebe.jpg

9月
11日にファンクラブ限定ブログで2014年3月に結婚した
10歳年下の米国人男性と
離婚を明かした浜崎あゆみさん
浜崎は「伝えたいこと」と題したエントリーで「今日は、皆へ報告したいことがあります。

3年間パートナーとして共に歩んできた彼と、それぞれの道へ進むことになりました。

彼は彼の想う道を。私は私の想う道を」と結婚生活に終止符を打つ意向を表明。

本業以外での話題作りに必死だが・・・

私達が見て感じて誓ったあの形なきもの。 今もどこかで微笑んでくれていますか?

ayumi hamasakiさん(@a.you)が投稿した写真 -





最近では歌手という本業よりも、インスタグラムでの話題提供に忙しいお浜さんです。
7月25日付のインスタグラムでキス写真を公開し、
話題作りに必死すぎて哀れだと冷笑を浴びた浜崎あゆみ。
だが、なんとそのわずか3日後、またしてもキス写真を公開してイベントをPRし、
激しく批判されている。
自身のインスタグラムにセクシーなブラ姿写真を公開。反響が広がっている。

a3431b0c
引用元:http://livedoor.4.blogimg.jp/garlsvip/imgs/a/3/a3431b0c.jpg

そしてお浜さんといえばお家芸でもある空港芸!!

浜崎は今月11日、ファンクラブサイトで離婚を表明。

しかし、空港に集まった報道陣から離婚に関する質問が出ても何も答えず、
ネット上では「また話題作りの“空港芸”かよ」といったツッコミが噴出している。

ある意味、多忙なお方ですよね!


宇多田ヒカルと同時期リリース!
歌姫対決と話題に!!

f57db70980d179
引用元:http://www.musicman-net.com/files/2016/09/f57db70980d179.jpg

そんなお浜さんが9月30日に新曲『We are the QUEENS』を
iTunes限定配信でリリース!

そして
その2日前には宇多田ヒカルさんが新アルバムをリリースしたということで、
“歌姫対決”として注目を浴びました!

しかし、結果はお浜さんの惨敗・・・・・・・・。

「新曲は1度もトップを獲ることができす、宇多田の後塵を拝しています」
                      (音楽ライター)
リリースから2週間経ちますが、宇多田さんの「道」はトップ3につけているそうです!
それに引き替えお浜さんの『We are the QUEENS』は143位・・・・・・・・

歌姫対決も何もあったもんじゃありませんね(笑)


新曲がCMソングに起用!
毎日のように聞こえていたのに・・・・!?



新曲は
スマートフォンゲーム「CLASH OF QUEENS」のために書き下ろされたもの。
”勇ましく力強いQUEEN”のイメージに浜崎がぴったりはまることから、
浜崎に熱烈な出演オファーがあり今回のコラボレーションが実現した。
CMが9月17日よりオンエア開始となり、連日のようにテレビから
歌声が聞こえてきますが、143位・・・・・。
「しかも宇多田の新曲はCDと配信でリリースされたのに対して、浜崎は配信のみ。

それなのに配信ランキングで負けているのは危機的状況といっていいでしょう。

ちなみにiTunesでは、順位は明らかになりますが総ダウンロード数を
iTunesサイドが
発表することはありません。

CDを出さず配信限定にしたのは、
売り上げ枚数が大幅に減少していることを
浜崎サイドが
明らかにしたくなかったのではないかという声もささやかれています」
                            (音楽業界関係者)

お得意の空港芸とSNS炎上商法で生き延びる!?
hqdefault
引用元:https://i.ytimg.com/vi/P0ONKULPk3I/hqdefault.jpg

コンサートでも奇妙な芸風のお浜さんですが、
今後は炎上芸人として生きるしかないのでしょうか!?

歌姫よりも“痛姫”との呼び名が高い昨今・・・・。
最近は、外見の劣化や奇行ツイート以外では話題とならなくなってしまった浜崎。
もう一度、あの頃のようなヒット曲をリリースしてもらいたいものだ。
お浜さんの今後の動向に色々な意味で期待!!ですね☆